愛する妻への手紙

最初の手紙から読んでください。http://familin2006.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/093359

80通目、紙袋の忘れ物

妻へ

 

先週ぼくは、誤って名古屋まで行き、今日ぼくは、正しく名古屋に行った帰りの新幹線の中に、お土産の詰まった紙袋を忘れたのでありました。

 

ぼくにこういうことがしばしばあるのは、あなたに周知のことですね。

 

今日の出来事で、似たことが二週連続で起こったことに、いや、起こしたことに、ぼくはいま暗い気持ちでおります。

 

この暗い感情のまま何をする気にもならず、ただ暗い気持ちを吐き出そうと数カ月ぶりにこの手紙を更新することを思いついたのです。

 

ぼくが起こすこういうことに、たぶんあなたは驚いたり辟易したりしたこともあったでしょう。ぼく自身ですらそうなのですから、身近にいるあなたは、あなた自身のせいでないあれこれに振り回されることに、嫌気がさすこともあったはずなのです。

それは絶対にそうなのです。

 

こんな暗い気持ちのなか、それをあなたとの関係に結びつけることを強いるならば、それは「感謝」という感情に帰結します。

 

一緒にいてくれてありがとう。

 

ぼくはつい、人の悪さや弱さにばかり目をつける弱虫です。あなたに対してもそれはたぶんそうで、ぼくの心がどうしても「あのひと」から離れきらないことを、あなたの魅力の不足のせいであるかのように自分自身に言い聞かせていた節もあります。

 

私が別の誰かに惹かれるのは、わたしを惹きつけない此方のせいだーー。そういう理路から導かれるのは、「わたしは一方的に提供している」という、「損害感」です。

損害感は、人と人が同じ目的を目指すことからはもっとも遠い感情だと言えます。

 

ごく部分的な感情を、切り出して誇張して語っています、ぼくは損害感を持ってあなたと接していた…そうなのかもしれません。

 

そんなことを今まで思ったことは一度もありません。矛盾するようですが、はっきりと自分の感情をそんなふうに言語化したり自覚したりしたことはただの一度もありません。

 

しかし相対的な意味で、たぶんぼくは損害感を持っていたと言っていいのだと今は思います。

 

こんな暗い気持ちのなかでやっと気づくこと、、

ぼくがあなたに受け入れらていたということ。

 

あなたがぼくを、相当量受け入れてくれているということ。

それを思うと、ぼくがあなたにしてきた感謝は、とても足りないと思うのです。

本来感じるべき感謝と、実際に感じている感謝のギャップ。それが、損害感の正体です。

 

ぼくの中で、今日、あなたへ一歩近づいた感覚があるのです。

会話やプレゼントやキスやセックスを通じなくても、原因は単なる自分自身の失敗からであっても、

あなたとの関係性にはまだまだ発見できる余白があるーー。

 

そんな気付きを得たことを感謝しつつ、だからと言って今日の失敗は自分の中で簡単に許さないよう努めたいと思います。