愛する妻への手紙

最初の手紙から読んでください。http://familin2006.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/093359

77通目、あなたを呼ぶ声は風にさらわれて2

〜〜〜〜

燃えさかる炎を飛び越えて

ここまでおいでよ

 

稲葉浩志『炎』より

〜〜〜〜

 

妻へ

 

台風が来ています。

明日の朝、東京を直撃とのこと。

インフルエンザも疑われる高熱にあなたが見舞われているこのタイミングで、あなたの身動きを制限するこの天候が訪れることを不運に思います。

 

どうかあなたに何もないように。

わが子にも、なにごともないように。

ふたりが無事でありますように。

 

そんな小さな危機のさなかにあっても、ぼくの心は今でもしつこくあのひとのことを思い出すのに余念がありません。

 

ぼくはこころのなかで、いまだにあのひとを旧姓で呼んでいます。

会話のなかであのひとがそれに触れたことがあります。わたしを旧姓で呼ぶのは、もはやあなたくらいだ、とあのひとは言ったのです。

 

ぼくはそれを単なる事実の指摘としか受けとめておりませんでした。しかし通常、人の発言には意図があるものです。その指摘の裏にあると想像される、あのひとの意図に、ぼくはそれこそ意図的に鈍感であったのではないでしょうか。

 

ぼくが旧姓で呼び続けていたことの裏にも、無意識的な意図があったと言えなくもありません。

 

そこには。

旧姓でいてほしかったぼくと、

それを咎めるあのひと。

そんな構図が浮かび上がって来ます。

 

そこまでわかったのならもう覚悟を決めればいい。

覚悟で心を満たせばいい。

そんなふうにわかっているのです。その方向に、ぼくはいままさに向かっているのです。

 

一歩ずつ、すこしずつ。

たぶん。

年間数ミリセンチメートルのペースくらいで…。