愛する妻への手紙

最初の手紙から読んでください。http://familin2006.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/093359

73通目、あなたのことはそれほど

あなたのことはそれほどという不倫をテーマにしたドラマ。

 

おそらく世間で話題になっているのと同程度にぼくの近辺でも話題になっていて、

それだけならぼくは何の関心も持たなかったものの

かつてすこし読みたかったいくえみ綾作品となれば、

ドラマに関心のないぼくも手を伸ばすというものです。

もちろんぼくが手を伸ばしたのはドラマでなく原作のほうです。

 

ぼくがツタヤで借りてきた「あなたのことはそれほど」を、あなたはわざわざぼくに

これどうしたの?とLINEで尋ねて来ましたね。

読みたかったのと言われ、ぼくは納得しました。

あなたは、たしかに不倫ものが好きですね。

 

あなたのことはそれほどは、面白い物語です。

考察に値します。

ある意味哲学的でもある。

 

不倫をするのなら、どうして結婚をしたのか。

不倫をしながら結婚を続けるのはどうしてなのか。

男性の不倫は、ほとんど排泄欲に近いものが原因だと説明がつく。

難解なのは女性の不倫のほうです。

女性特有の承認欲求がとり持つものなのだろうか。

そう簡単に言い切れるものなのだろうか。

 

あなたが不倫ものを好きだということを、

そのまま不倫そのものへの欲求に置換してしまうほど

ぼくは短絡ではありません。

ただ、何かしらの無意識下での要因はあるのだろうと捉えています。

 

ぼくが借りてきたあなたのことはそれほど

あなたが読んで感想を交換し合えば、

あなたの奥底にある何かしらの原因が

見えてくるのかもしれない。

そのプロセスを楽しんでみたいと思っています。

 

あなたの奥底にある何かが、仮に後ろ暗い何かだったとしても、

ぼくはあまり驚きや落胆はなさそうです。

むしろ人間的であることへの肯定感すらあるかもしれない。

 

そんなわけで、ぼくはまた週末に

続きの巻を借りてくるでしょう。

あなたと何かを共有したいと思って。

 

ところで、ぼくがこの本を手に取ることにした直接の理由であるあのひとに

あなたのことはそれほどの感想を送ったけれど、

まだ、返事のメールはありません。