読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛する妻への手紙

最初の手紙から読んでください。http://familin2006.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/093359

68通目、マチネの終わりに

あなたへ。

 

もう年末のことになってしまいますが、平野啓一郎の本を初めて読みました。

 

マチネの終わりに。

 

本屋の書評から気になっていましたが、友人が勧めてくれて一気に読書欲が湧きました。

大人の恋の葛藤の話です。

 

ぼくは、この物語の主人公のように、才能に満ちた人間ではありません。

(むしろ個人の能力で生き抜くことに今もあこがれる、凡人のなかの凡人です。)

 

しかし、あまりにもぼくの悩みを投影できる物語であり、そのために人目を憚らず物語に没入してしまいました。(こういった物語に対する態度として没入すること自体がすこし恥ずかしいことであり、内心はどうであれ、客観的な立ち位置で読んでいる「風」を装うのが、大人の読み方だろうと思います。)

 

この物語の主人公は、ある女性と自分の運命的なつながりを確信していながら、自身と彼女をつなぐのとは別の運命のいたずらによって、別の女性と結婚してしまいます。その事象自体というよりも、そこに至る主人公の葛藤が物語の軸でした。ぼくはふだん、小説といえば貴志祐介などのミステリばかり読んでいるだけに、物語が先へ進むことへの快感こそが、物語に触れることの動機だと思っていました。もしかするとほとんど初めて、葛藤の過程に自己を同期させるという経験をしたかもしれません。結論はどうでもよく、主人公が経験する葛藤を、追体験というのももどかしいほど同時的に体感していく作業でした。

 

人は、誰かと結ばれても、子を生んでも、心がほんとうに希求する人のことは、忘れられないのだと、ぼくは感じとりました。情けないほどにぼくは、この物語に共感したのです。

 

もし興味が湧くなら読んでみてほしい。

ぼくが没入したこの物語に、だからこそあなたは没入できないかも、しれないけれど。