愛する妻への手紙

最初の手紙から読んでください。http://familin2006.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/093359

64通目、言えないあなた、言えないぼく

妻へ


また、長いタームをおいての手紙となりました。

この間にあったのは、結婚記念日と娘の誕生日。
どちらも、派手ではないけれど、優しい素敵な時間になった気がしています。
よかった。

一方ぼくがあなたをSEXに誘った夜、あなたがあまり気乗りしなくまた今後も気乗りすることはかなり少ないだろうという趣旨の発言をしたことに、多少の感慨はあるものです。

翌日にあなたは、傷つけちゃったかな、ごめん。というメールをくれました。
この言葉にぼくは返信をためらいました。

傷ついてはいない。
怒ってもいない。

ただ、冷めてしまったかもしれない。興味をなくしたと言えば、あなたは傷つくでしょう。

きっとあなたは傷つく。
あなたが言葉に発したあなたの状態と同じ気持ちになっただけなのに、傷つかれるとは理不尽だなと思ってしまいます。

ただし、それも予測のなかのこと。
ぼくが言葉を発しない限りは、予測であなたを理不尽と断じるぼくのほうが理不尽ですね。

この期に及んでまだ、人を傷つけることにためらいを持つぼくは、全く成長していないのでしょうか。

あなたが子育てのイライラをためていることも、
それを発散する術を積極的に模索しないのも、
きちんと対話するのを避けるのも、
未解決の難題です、ぼくの中で。

それをあなたに言う機会を、探しているのだろうか。