読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛する妻への手紙

最初の手紙から読んでください。http://familin2006.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/093359

51通目、恋と愛について

妻へ

恋と愛はどう違うか。

そんな命題はよく耳にされるものです。

ぼくは今まで、そんな設問には心の中でこう答えて来ました。

恋とは見つめ合うこと。
愛とは同じ方向を向くこと。

それはそれで、今もぼくの思う真実です。

しかし、もっとシンプルでありふれた答えを思いつきました。

恋は、相手のよい部分を愛する。
愛は、相手のわるい部分を愛する。

受容という姿勢の有無。

ぼくが最後の最後まで、あのひとに告白したり押し倒したりできなかったというのは、自分を受容してもらえる自信がなかったからではないでしょうか。

ぼくが今もあなたに強い態度でいられるのは、何をしても受容してもらえるという自信があるからではないでしょうか。

北海道へ会いに行き、決意と裏腹に何も言えず帰って来ました。

あのひととは、何度も何度もチャンスがありながら、ぼくは何も言えず何もできずを繰り返して来ました。

一方あなたとは、たった一度のチャンスをしっかりと掴むことができました。

あなたに対しては、わるい部分も見せていこうと思えたのならば、それがふたりの相性ということであり、愛なのではないかとすこし思いました。