愛する妻への手紙

最初の手紙から読んでください。http://familin2006.hatenadiary.jp/entry/2014/11/25/093359

26通目、緊張について

妻へぼくの本棚に、内田樹の著作がいくつか並んでいることをあなたは知らないでしょう。ニュースはよく見るけれど言説には関心の薄いあなた。逆のぼく。ぼくたちの性格が、違う点のひとつです。敬愛する内田樹が、愛について鋭いことを言っていました。ある…

25通目、愛し方について

嘘をついていることを正直に話すことが正しいか嘘を貫くことが正しいかあなたならどちらを望みますか。ぼくは体の嘘ならいくらでも貫けますがこころの嘘はいかんともしがたいと感じています。あなたに聞いてはいけない。これはぼくの問題なのですから。

24通目、音楽について

妻へback numberをすっかり気に入ってしまって、2日間聴き漬けて、ホームページやwikiなども見てしまいました。世田谷ラブストーリーはとてもいい曲ですが、映画監督の行定勲も好きだったようで、この曲をもとに短編映画を制作したとのことです。それを知っ…

23通目、休日について

妻へやっと週末が来ました。最近あまり連勤はしていませんが、今週は深夜作業が多く、帰れない日が続きました。特に好きな業務を任せてもらえたので、精神的な疲れは全くありませんが、家のベッドで寝られないのはやはりしんどいと感じました。子どもの面倒…

22通目、粘膜について

「女はね、粘膜で男を値踏みしてるの。何度も、何度も。」午前3時の無法地帯より。昨日、ぼくはあなたに接触をはかってみました。あなたは軽くそれを拒みました。それほど欲情していたわけではないのに、ぼくはしつこくあなたに触れました。あなたをその気に…

21通目、声について

遠く離れても、遠い過去のことであっても、声というのはなかなか忘れないものです。声には、それだけ記憶に強く染み入り、感情を喚起する、不思議な力があると思います。今日、仕事の終わりに電話したときのあなたの、疲れたような苛立ったような声。それが…

20通目、こころについて

妻へこころだけはどうにもならないなあ。ということにして、ぼくは言い逃れをしたいだけなのです。こころをあたかも他者であるかのように言うことで、自分のコントロール外のところに原因があることを示したいのです。つまりは、「俺のせいじゃないんだ、こ…

19通目、仕事について

妻へ今日、仕事でとてもいいことがありました。ぼくがつくったチラシが、昨年くらいから東京全体で使われていたことは話していたと思います。今度はそれが、全国で使われることに、経営会議で決まったそうです。経営会議です。各事業部の部長や役員が、ぼく…

18通目20150113片恋について

気づけばあのひとのことを考える。気づけばあなたにどう別れを切り出そうか夢想する。これは高校生の片想いとどう違うだろう。責任のあるいい大人であるわけですから、子どもじみた理屈でものごとを考えてはいけないのです。それを承知してなお、感情が勝手…

17通目20150111料理について

今日はあのひとの結婚式でした。20年ぶりに再会する友人とともに、そのひとのもっとも美しくなる1日を祝福してきました。お祝いの拍手と歓声を繰り返しながら、やはりぼくはこのひとが好きだという強い思いに駆られました。あの位置に立つのが、ぼくの可能…

16通目20141225家族について

妻へ昨日、あなたのおばあさんが亡くなりました。認知症で施設に入ってもう長く、最近体調を崩して医者からは「もう長くない」と言われていたので、覚悟はできていたのかもしれません。ともすれば、ほっとした気持ちすらないではないかもしれない。それくら…

15通目20141219

妻へ最近というかもうかなり経ちますが、USENでよく流れている「日々」という曲が素敵です。https://m.youtube.com/watch?v=gmSIDUqmckE出逢った日 恋に気づいた日結婚した日 別れたいと思った日子供を抱いた日 手を離れた日溢れる涙よ これは幸せな日々素敵…

14通目20141212生活について

妻へ体調不良であなたが寝ている間、ふと思い立って久しぶりに鉄拳の「振り子」を見ました。http://m.youtube.com/watch?v=O26qmkHYrZsもう何度も見たアニメーションなのに、また涙が出てしまいました。出会う。恋する。触れ合う。営む。愛する。傷付ける。…

13通目20141212互助について

妻へ昨夜から熱が出ていますね。大丈夫ですか。保育園へのお迎え、ぼくが行けるといいのですが。仕事の調整はつくだろうか。原因が何かまだわからないけれど、少し無理をさせ過ぎたのかもしれません。毎日仕事に育児にと頑張ってくれています。眠る時間は圧…

12通目20141211恋慕について3

妻へいま、とてもあなたを欲しいと思う。あなたを抱きしめ、感じさせ、服従させ、じゃれあって、愛し合いたいと思う。子どもが生まれてから、意図的か無意図的かわかりませんが、そうした欲望を持つことが少なくなっていました。恋う感情と、性的欲求には、…

11通目20141209恋慕について2

妻へ少し間が空いてしまいました。その間に、あなたを恋い慕うきもちを、取り戻せる自信のようなものが、少し湧いて来ました。甘えてくるあなたがかわいい。お互いに30を超えても、そう思える関係はなかなか貴重です、たぶん。一緒に食事をしましょう。いろ…

10通目20141202恋慕について

妻へおそらく普通の夫婦としての反応なのだとは思いますが、ぼくたちは、お互いを恋うということがなくなったように思います。あなたに触れたいとか、キスをしたいと思うことが、いやもっと言えば声を聞きたいとか話をしたいとか、そういう基本的で精神的な…

9通目20141201愛情について

妻へあなたのメールのひとつひとつに、愛情を感じます。ご飯の準備や、お小遣いのことや、子どもの見送りのことについて、ぼくを思いやる言葉をいつもかけ続けてくれますね。そのあなたの態度をぼくは本当に尊敬しています。どんな相手へであっても、あなた…

8通目20141130予感について

妻へ今日、イッポングランプリの録画を見ながら、あなたの肩にふと手をやってみました。少しの間のあとに、あなたが頭をぼくの腕にもたげてくれたことが、ひそかに嬉しく思えました。こんな瞬間が続くなら、きっとぼくはもっとあなたに惹かれ続けることがで…

7通目20141129内心について

妻へ今から書く内容は、あなたをより苦しめるかもしれません。そもそも、あなたへの手紙にあなたを苦しめるだろう内容を書く必要はないでしょう。ぼくのために書く内容を、あなたに押し付けるに過ぎません。なぜそんなことをしなければならないかと言えば、…

6通目20141128利用について

妻へ短い時間で書きます。わずかな言葉になってしまうことをご理解ください。昨日ぼく自身が書いたことが、とても気になってしまいました。「忘れさせてくれる」という言葉。ぼくはその人のことを忘れたいのだろうか。忘れるために、あなたに手伝ってもらっ…

5通目20141127会話について

妻へ昨日は焼肉美味しかったですね。カルビはやはり人生に必要なものです笑だけど、帰ってからあなたがぼくの描いた絵をもとにどんなスタンプをつくるかを考えたときが、昨日ぼくにとっていちばん楽しかった時間でした。あなたは、いつもぼくの描いた絵を褒…

4通目20141126誘いについて

妻へ焼肉へ行くことへの同意、ありがとう。一緒にご飯を食べて、焼肉の約束をしたときの表情が、嬉しそうに見えました。錯覚でないと願います。ぼくと一緒にいることを喜んでくれてありがとう。ぼくは情けなく頼りない人間ですが、あなたのような人に好いて…

3通目20141126努力について

妻へ帰ったら、ぼくのお小遣いがないことを心配する手紙。とりあえずの2000円。月末に、ぼくが余力を残しているはずがない。いつも、ありがとう。こんなにぼくのことをわかってくれて、こんなにぼくのことを気遣ってくれて、愛らしい奥さんになれるひとは他…

2通目20141125

妻へいざとなると言葉が出てこないものです。何から伝えたらよいのでしょうね。溢れるほど伝えたいことがあるはずなのに、そこに優先順位をつけるということがどうにも難しいようです。昨夜ぼくのうでの中で、愛娘が眠りについたことに、とても幸せな感覚を…

最初の手紙20141125

妻へなぜこんな手紙を書き始めることにしたのか。それを伝えるには、とても多くのことに耐えねばなりません。今まであなたを騙して来てしまったのは、あなたのことが好きで、とても愛していて、傷つく姿を見たくなかったからです。ぼくはあなたのことを幸せ…